小学校ご入学、ご進級おめでとうございます

さんすうが得意なお子さん。退屈してませんか?
小学校では、レベルの差があり、低い子に合わせると、得意な子は退屈、もったいない時間を過ごす事になります。
《算数専門 桂教室》では、得意な子は中学数学を目指して進む指導をしています。
中学受験を考えたり子供がいきなり受けてみたいと行った時でも、中学数学に入っていると有利です。
《算数専門 桂教室》では、受験対策はしませんが、問題の見方、意味する事をしっかりと理解させ、自分で解くチカラをアップさせます。
問題に取り組む姿勢を(    考え方  )マスターしていると、難問にも、力強く取り組めます。
そのためには、なるべく早く始める必要があります。
同学年でも、早く始めたこの方が理解、計算も早いです。
一足早く始める事が大切です。
《算数専門 桂教室》は説明して、はい、解いてね  ではなく、理解しているかを重視しています。
理解しにくい子には念入りに考え方が、定着するまで、付き合います。
子供が、気づいた解く方法を永久に覚えていられるように気をつけて指導します。
故に、少人数で、指導しています。
年度替りで若干の空席がでました,
いつからでも始める事ができます。
気になる方はぜひどうぞ

月曜日の塾生の方へ

7月7日の予定を変更しました
パスワードは以前連絡しておりますが、わからなくなった方はメールで生徒名をお書きいただき連絡ください。
いつもメールのやり取りをしている方は生徒名なしでも大丈夫です
該当の方には後日連絡させていただきます

他にも振替日の確認は最新版の予定表を見てください。
微調整なので全員には変更済みの物は配布しません
ご不明点はメールで問い合わせてください

SkyPhone で無料通話


SkyPhone  

というアプリで無料通話ができるようにしました

28443406

スマホをご利用でない方は無理ですが、電話としては代金がかかりません。

SkyPhone  
をアプリで入れた後ご自身の名前を入れていただkれば、こちらにも名前が表示されます。

後日、HPにも記載をしようと思ています

でもすぐに出られないかもしれませんので、ぼちぼちの使用開始になると思います

ご不明点はメールで直接お問い合わせください

わりばしゲーム

今朝のあさイチで、子役の女の子が、
松雪泰子さんと
わりばしゲーム
をしてるとの事。
調べてみたら、足し算ゲーム
これは良いですね。
瞬発力も養われるし。
ぜひお子さんとしてください!
これ以外にも、トランプでも、足し算のゲームなどあります。
最近思うのは、ゆっくりしている子が多いこと。
いいのですが、もう少しぱっぱっとしないと、試験時間内に終わらないのでは?
と不安になります。
何が足りないか、瞬発力です。
少しでも早くしようという気が起こると、中学数学では、書きすぎずに解けます。
ここに向かうために、ぜひ計算を素早く瞬間的にできるように暗記するまでしてほしいものです。
《算数専門 桂教室》の時間内ではできないので、宿題にでもするか、時間内にその時間を取るか。
低学年から来られた子には計算特訓の時とれますが。

小学生が中学数学

今年は例年に増して多くの生徒が中学教材に入っています。
2年くらい通ってくれている子が多かったためです。(入塾されるなら、小学2,3,4年生からがおすすめです)
子供によって、
渡したプリントを自分で見ながらするすると解く子
一度でしっかりと理解できて、少し計算の問題をするだけでそつなく進める子
時々間違えるけれどちょっとの指摘で進める子
到着後最初のプリントでは前回のことを忘れているが流れ作業のようにしていると思いだしながら進める子
前回のことをまるで覚えていなくて、復習を何度もしながら、ゆっくりと進む子
他にもいろんな子がいます。
上のタイプで上位に記載している子はプリントを渡した順に進めるだけでよいのですが、下の方に来ると、前回の補習プリント、計算の鍛錬のためのプリント、簡単に説明してあり独学風にできるプリント
などなど数種のプリントをはさみながら進めます。
同時間帯に複数名生徒がいるので、こちらも必死で、子供たちに合わせて次のプリントをセットします。

楽しいですね

そして子供たちが帰った後には次回用のプリントの準備。
個別用にオリジナルのプリントを作ったりもします。

数年前と比べて、子供たちの計算の訓練の時間が不足しているように思います。
私立に行っている子、自分で低学年のころから、独学用のワークブック、月間購入教材を解いている子
そういう問題nを解いている時間の多い子はこちらでの進歩、進むスピードが速いです。

《算数専門 桂教室》では先取り学習をメインにしているので、計算の鍛錬のための時間を特別には取っていません
入塾の時期により、中学生になる直前の子には宿題をしてもらって、正負の計算、文字式になれるようにはします
小学生は宿題を渡しておいて、《算数専門 桂教室》では先取り学習ですよ、というのも続かなく、子供の意欲も下がります。

よって、以前は計算の訓練の問題をあまりさせていなかったのですが、子供さんによっては この時期に計算の特訓が役に立つと思われるなら、塾の時間内で、計算プリントを多めにさせています。

計算がおぼつかないようでは、今後苦労するのも目に見えていますから。

といってもこんな状態の子でも頑張って楽しそうに解いていますよ。
小学校では中学数学を学習している子はほとんどいないだろうし、本人は得意気分だと思います。
自分はできるんだ、頑張れる  という気持ちで学習できることが何よりだと思います。
算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室






カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR