iPhone ケーブルをまとめる  フードプロセッサー、泡だて器も

018d6c4d65f46c8a0ca00a60daf8c30532f785349c.jpg
0147ff5fef50a619e71b757bf1924ae51cf2f7e342.jpg
013a858487d9dc45921f5f85e333048f36af4fda62.jpg
01d46fc39b502fa056ea5f20de39a7aaafa4afdefa.jpg
010b9dfa0ce444202a45f75549c368fd145f6a0321.jpg

長さがたっぷりとあってとても便利なケーブルです
でも複数になったり、引き出しの中に家電をしまったりするときはぐちゃぐちゃの原因です。
今日はケーブルをまとめる者を作ってみました。
ピンクのロール状の物は百均などで売っている、両面でのテープです
それを7cm-10cmくらいにカットして、ゴムに縫い付けます。
ケーブルの先の金具が大きく無ければ1枚目の写真のように縫った後に通せばいいです
金具が大きい場合は通してから縫ってください。
ミシンで縫いましたが、まず布送りはできませんので、一針ずつ針を動かしてテープを動かすようにしました。
針がテープについている状態で無理にミシンを動かすと針が折れますので注意していください。
手縫いでもできると思いますが、その場合は、気を付けてくださいね。針を押すのに、金属の上か、ラジオペンチなどを使うのが良いかもです。

専用の物も売ってますので、片付けるのにこんなものを使うのもいいよってくらいに考えてください
巻くだけの物よりもケーブルにつけられるものの方が使いやすいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室




《算数専門 桂教室》だけを読む

《算数専門 桂教室》すべてを読む

カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR