過程を理解するには

計算の得意な子も苦手な子もいます

いずれにしても計算には時間がかかります。

単元によっては計算式を導き出すことがとても大切なところがあります
これまではどんな単元でも計算まできっちりとさせる指導をしていました。

生徒によっては計算が苦手で計算をしている間にその計算をすることが目的になり、一番大切な過程の理解、計算式を導き出すことのことを忘れてしまうことがあります。

試しに計算をするのはとりあえず置いて。過程をしっかりと理解するためにという学習をしました。
なかなか良い感じです。
もちろん計算の練習も必要ですが、それはまとめの時にするなどします。

どういう風に解いていくかをしっかりと理解してもらうことを重視しようと思います。
計算については

九九がとにかくスラスラいえる
たし算引き算がスラスラできる(基本的な小さい数字だけでもいいので)

わり算のついては九九の答えになっているものが他にどの組み合わせで作れるか
例えば24 18 36 12 といったよく出る数字
そしてできれば11×11 12×12 
大きい数でも何と何を組み合わせればその数をかけ算で作れるか
等々
課題を考えて、家庭学習できると良いですね。

かけ算の表は基本だと思います
出来れば11×11  ~ 19×19
の表も作ってみるのも良いです。

よくできる子、他のお稽古やスポーツ、サークル活動、などをしている子はトイレなどに貼っています。

常に意識の中に数字があると良いですね。
《算数専門 桂教室》では学校では習っていない先のことをどんどんと学習しますので計算がスムーズに間違えずになっている子は特に伸びていきます。

計算計算といいますが、計算も良く出る数字を覚えていく気持ちですると結果スムーズにできるのです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室




《算数専門 桂教室》だけを読む

《算数専門 桂教室》すべてを読む

カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR