図形が苦手といいますが 

図形が苦手な子がいますね
私の場合は絵をかくのが好きというわけではないのですが、物を見ながらそれを書くのが子供のころに好きでした
覚えているのが、鉛筆立てが水車小屋風だったのです
それを見ながら書いていました。
特に教わったわけではないのですが
平行線がある
かどはこんな感じ
などと書いていました。
もちろん幼かったので並行だとかそういうことはわかりませんが、書けていました。
今のおもちゃのようにキラキラした、テレビに出てくるようなものも素敵ですが、
木製のなんでもないものを模写するのも良いのではないでしょうか
幼いころ、小学生時代にしたことが大きくなってからすべての基礎になります。
子供のころの時間は大切な時間です
簡便なおもちゃもたくさんあってそれに任せてしまいそうですが手を動かして、無心に考える時間は大切です。
きっとそういう時間を過ごしてきた子は塾に来ても意欲的に頑張れるのだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室









最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR