指導するという事

私の幼いときからの夢は算数の先生になることでした。

でもなぜか学校の先生ではなかったのです。

算数・数学がよくできる事話をするのはとても楽しいです。
どんな風に解こうと思っているのか
この問題はひっかけ問題だよね
数学に入って、分数形式に解いていくと分母分子で消していって見事にきれいな感じに解ける
そういう子がたくさん入ってきてくれればとても楽しいし、これから先も楽しみです

その一方で
①独特な考え方の子がいたり。
②文章題の読み方の分からない子がいたり、
③流れ作業的に解いている時しかできなくて、、次の週にはすっぽりと忘れていたり。
①②の子は教えがいがあり、ぎりぎりのところで「分かった!」といわせるのが楽しみです
でも一番困るのが③の子です
手を変え品を変えプリントを用意したりするのですが、結局新しいものに飛び込んでいく気がないのか、自分の能力を超えているのか。
といいながら毎回こちらも最大限の努力をしています。

できる子がたくさん来てくれるのが一番うれしいですが、
ちょっとわからないところがあってね  ぐらいの子もこちらとしてはちょっとの指導でうれしそうになるのが楽しく

出来ない子も最大限に努力します   

今年の教室は昨日で終了しました

2週間の冬休みのあと頑張りましょうね




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室




《算数専門 桂教室》だけを読む

《算数専門 桂教室》すべてを読む

カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR