努力すること 夢中になる事

何かに向かって努力することは大切です

子供の場合は特に大切です
でもあまりに夢中になりすぎて、
学業や基本的にしなければいけないこと、おろそかになっていないかを見てあげるのは親の務めです

言うは易し行うは難しです

でも意識しているのと何も考えずに日々を過ごすのは大違いです

何か1つ夢中になり、特技になると良いですね

「何も得意なものがない」という寂しそうなお子さん一番こちらも悲しいです

そういう場合は少しでもよくできていると思うところを大げさにほめるのはどうでしょう

子供は真に受けてきっと頑張り始めます

私自身が母にほめられて育ち、とても勘違いしながら、生きています
でも構いすぎるのは禁物です
こちらも弊害で私は転勤し始めた時にとても困りました。

お子さんの楽しそうに話す、学校の様子などを 聞くことが 良いですね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室






カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR