米團治さんと一緒に落語で考えよう!

ロームシアターに行ってきました
昨年も行ったのですが、

消費生活総合センターに寄せられる消費生活トラブルに関する相談の中で,高齢者に関する相談は近年大きな割合を占めるようになっています。

 とりわけ,一人暮らしの高齢者は,地域から孤立しがちで情報弱者となりやすいことから,他の年代に比べて悪質事業者に狙われやすい傾向があります。

 そこで,京都市では,京都弁護士会と連携して,高齢者はもとより,その見守りを行っている方々を対象に,広く市民の皆様に消費生活に関する話題を分かりやすくお伝えすることを目的に,落語を採り入れた消費者啓発事業を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

高齢者だけではなくインターネットでフリーズしてしまい、請求されるという相談がなんと40代の女性も多いとのことです

コンビニなどのプリペイドカードを購入して「番号を電話で連絡しろ」という形式が多いとのこと
これだと番号を言ったとたんに相手に送金しているのと同じで足がつかめない。
いろんなバリエーションも増えてきています。
いつ自分に起こるかわからないので気を付けましょうね

また、こういったインターネットの架空請求は「無視」する以外に方法はないのでいちいち気にせず、無視しかないのですって。
でも慌てるから引っかかってしまうのですね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室




《算数専門 桂教室》だけを読む

《算数専門 桂教室》すべてを読む

カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR