高学年 の生徒

文章題で解くときには文章を図式で書いてから解き始めた方が分かりやすいです
といままでそう思って指導してきました
というか所見の問題はどうしても大きなヒントにならない程度に説明が必ず必要な場合が多かったです
ところが稀にその必要もなくスラスラ解く子
もしくは若干道筋がそれそうだったりするけれど自力で解ける子がいます
素晴らしいです
そういう子には時々どうしてそんなに解けるのかと聞いてみます
多いのが{本をよく読んでいます」
よく理系文系と分けている保護者の方がいらっしゃいますが、理系文系は関係ありません。
いかに問題を熟読し、正確にイメージできるかが大切です

関東に旅行に行く前にもちょっと子育て卒業した方とお話をしていた時にもやはり、本の読んだ量
ということが話題に出てきました
国語的なものもプリントでするようにできれば今以上に進む進度が上がるのでは
と考えています
ただそうなると、塾の時間を1.5倍にはしないといけません。
今後は導入に向けて少し教材を考えていこうかとも思っています

算数は保護者の方の要望の最も多い科目ですが
国語もこうなるとかなりの比率で必要な科目です
漢字までしていると時間的に無理があるので
今している算数教室の同様な学習方法として
国語の読み取りかた、国語のテスト対策  
といっても学校の点数をあげるのは目標ではないです。
結果的に国語が得意になる、苦手ではなくなるのを目標jに

興味のある方はぜひ


国語を
単科にするか算数教室に追加にするか
今後検討したいです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室




《算数専門 桂教室》だけを読む

《算数専門 桂教室》すべてを読む

カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR