算数が不得意という子でも

苦手な子
と思われてお母さんが連れてこられます
そんなことはありません。
苦手な子が意外と図形が得意だったりします
他のが苦手だからどういう導入をしようかななんて考えている間にスラスラ解いています

問題のチョイスにもよりますが、よくできている問題だと、解いている間に解説もされています。
そして指導するものが必要以上に説明をしないでおくと子供が自分で解きます

ただこれは、あんまり分かっていないなぁというときにはこちらから、最小限の解説を入れます

そういうわずかな感じでその子の今後の伸びは決まります。
解き方を自分で編み出していくのです。

押したり引いたり、少しだけさわりの説明をいれたり、
または子供のいけんを聞いてみたり。

みんな算数が得意になってほしいですね
そうすれば今よく話題になっている学力テストの解説もキット得意になります


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室






カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR