中学数学

小学校の算数から中学数学になって、計算の方法と考え方がしっかりと定着すればさほどボリュームのある所ではないです

しかし、中学1年2年とうちの子はすごく進んでる   と喜ぶのは早いです

本当にしっかりと計算の方法と、手順がすべて理解できているかが重要なのです

教材が進んでいることが良いわけではない

教材が進んでいるのに正答率が低い
ここでまず、「おかしい!」と気づいてあげることが大切です

うっかりミスで
正答率が低いのは、落ち着いて計算しようね  で済みますが

理解できていなくて正答率が低いのは重大なミスです

その場合は指導してくれている人を変える必要があります
なぜなら教えている人しか手順をわかってなくて、説明しきれていないし、生徒が理解しているがチェックをしていないのです
ただ教えるだけなら、先生の自己満足です
先生がわかっているのは当然です
生徒がわかっていないなら、わかるまで面倒を見ないといけません

じっくりと進んでも大した分量ではないのでここでじっくりと手順が理解できるまで頑張りましょう

自分が間違いやすい解法は改め、基礎通りに解く
これも大切です


《算数専門 桂教室》では先取り授業をしながら、子供たちの定着度、満足度を見ながらしっかりと指導していきます。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室






カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR