今週来週はお休みしています

年初予定の通りですがお休みです
この間にプリントの整理や新しい課題のプリントの作成などをしようと思っています

水曜日の生徒さんが多いので火曜日を増やそうかなどとも考えていますが、木曜日の生徒が分散するようになれば意味がないので、今後様子を見ながら考えていこうと思います

木曜日は若干名募集です
水曜日は16時開始のできる方のみ1名の募集です

今日は塾兼自宅の椅子のカバーを作りました

椅子のクッションカバーを直しました
かなり高級なクッションを買ってはいたのですが、中のクッション材のへたりが早い
反で買っていウールの生地があったので芯地として追加に挟み込み縫い直しました。
数年に一度のことですが、元のクッションがなかなか良いカーブで出来ているので、椅子の上のおさまりも良く
s-01ff0db3c1f487de30336d385d12759efd0f33d6b5.jpg
良い感じです
長方形のクッションを付けていた時には、奥の方にクッションがなくて頼りなかったのです
やはり、たまには元のクッションを購入して時々カバーを新調するのが良いですね
今回は1m×1mのハギレ2枚で出来上がりました。

前回はファスナーを付けたのですが、今回は直接縫いふさいだので、裏側もほつれ防止のロックミシンもかけず数時間で完成しました

文字を書くこと

数字にしても文字にしてもきれいに書く   というか丁寧に書くことがとても重要です。
きれいに書けなくても数字は見分けがつくように
0,6,9 がその例です
急いで書くと計算の途中では見分けがついても、後で見直したり、解答蘭に書き写すときに間違えてしまうことがあります。
とてももったいないことですし、まあいいやという考えが生まれる原因にもなります。
それで指導中に気になったときは注意はするのですが、その注意に時間を使うのはいかがなものでしょう。
言われた生徒もそのことが気になり、せっかくの大切なことが理解できないかもしれません。

過程を理解するには

計算の得意な子も苦手な子もいます

いずれにしても計算には時間がかかります。

単元によっては計算式を導き出すことがとても大切なところがあります
これまではどんな単元でも計算まできっちりとさせる指導をしていました。

生徒によっては計算が苦手で計算をしている間にその計算をすることが目的になり、一番大切な過程の理解、計算式を導き出すことのことを忘れてしまうことがあります。

試しに計算をするのはとりあえず置いて。過程をしっかりと理解するためにという学習をしました。
なかなか良い感じです。
もちろん計算の練習も必要ですが、それはまとめの時にするなどします。

どういう風に解いていくかをしっかりと理解してもらうことを重視しようと思います。
計算については

九九がとにかくスラスラいえる
たし算引き算がスラスラできる(基本的な小さい数字だけでもいいので)

わり算のついては九九の答えになっているものが他にどの組み合わせで作れるか
例えば24 18 36 12 といったよく出る数字
そしてできれば11×11 12×12 
大きい数でも何と何を組み合わせればその数をかけ算で作れるか
等々
課題を考えて、家庭学習できると良いですね。

かけ算の表は基本だと思います
出来れば11×11  ~ 19×19
の表も作ってみるのも良いです。

よくできる子、他のお稽古やスポーツ、サークル活動、などをしている子はトイレなどに貼っています。

常に意識の中に数字があると良いですね。
《算数専門 桂教室》では学校では習っていない先のことをどんどんと学習しますので計算がスムーズに間違えずになっている子は特に伸びていきます。

計算計算といいますが、計算も良く出る数字を覚えていく気持ちですると結果スムーズにできるのです

新規の募集

水曜日は16時から16時15分くらいまでに来られる方1名
木曜日は16時過ぎからの方1名  17時ころからの方1名

程度の残席です
3月上旬の教室はお休みですが、個別に入塾の説明をしています
ご希望の方はメールでご連絡くださいね。

アスクルでお買い物

家事が大変そうですが、このような時ほど買ってあげないといけないかと思って購入しました
コピー紙と娘の会社で使うボールペンの替え芯
ボールペンの替え芯は50本入りで2300円なんと1本あたり46円
通常1本あたり90円弱くらいなのでかなりお安い
でもいくら使うからといっても多すぎのような気もしますが。(笑)
塾でも使いましょう。

何かあったときは噂するのばかりでなく実際に購入したりするのもこういう時は大切と思います

誰かがしているだろうでは何も動きません。


算数の教材

たくさん教材が出ていますね
本屋さんに行くのが楽しいです

時間がある限り、本屋さんに定期的に行きます

新しく出ている本を参考にしたりしていますが、テキストや問題集もたくさん集めるよりも1冊ずつ仕上げていくのが大切です。
たくさん持っていても、やはり基礎が定着するまである程度の暗記も必要です。
反復練習ですね。

それからいろんなものを積み上げていかないといけません。

基礎を大切に指導していきます。

算数を楽しく 新学期に向けて

中学受験を考えている子も、受験を考えていない子もこちらでは一緒に学習しています。
受験を考えている子は受験塾を別に受講していて、その前を学習することになります
進学塾は進度が早く躓くとなんだかわからないうちに単元が終了していたります。
その前にこちらで一歩先に学習しておくと心構えができていて、進学塾でスムーズに理解できます

受験を考えていなくても進度の早い子がいることで自分も頑張らなくてはという意識が生まれます
お子さんによっては先取りをすること自体に抵抗がある場合があります
学校の授業の前後を学習していればいいんじゃないか  という考えになってしまうのです
もったいない話なのですが、頭の方もどうしてもストップしてしまう傾向になるので、そこをうまく指導して、なーんだ簡単じゃないか
って思わせて、どんどん進めてしまうわけです。
水曜日は大勢の生徒がいますので16時からすぐの時間しか空いていません
木曜日は若干名受付可能です。
春になる前にスタートしてみませんか?
うまくすると春休み明けに5月中くらいのところまで進めることができます

気になる方は左のバーのメールからどうぞ

独学のできる子 その2

文章題の問題で開設の図が書いてあります。その図も自分の手でいったんノートに書き写してというている子もいます
面倒がらずにこういうことができる子は伸びます。

一度しっかりと理解できていれば引き続きの類似問題もしっかりと解けます。

これで数日後、1週間後にしっかりと覚えていればどんどんと力がついているのを自分でも実感できると思います。

丁寧に問題を解いていきましょう。

独習のできる子

今日は大勢の生徒でした
でもその中でも
独習ができるようになっている子が多くて、一声 二声かけてあげるとその続きを解けています
ちょっとわからなくなったり答え合わせの途中で疑問ができるとすぐに聞いてくれます

このように一人でどんどんと学習できることはとても良いことです
解き方のポイントを確実に自分の物にしていく
また後でもう一回分からなくなったら聞こうというようでは伸びませんから
算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室




《算数専門 桂教室》だけを読む

《算数専門 桂教室》すべてを読む

カテゴリ
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック






月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR