アジサイの挿し木苗の作り方

実家に植木屋さんが来ていました。
アジサイで気に入っているのがあったので選定するなら、残してもらおうと思っていたのです
でも今は咲いている時なので、切らないとのこと

代わりに刺し穂の作り方を教わりました。

IMG_7313.jpg
IMG_7314.jpg
IMG_7312.jpg
IMG_7312-1.jpg

一番下の柄で説明すると
今年伸びた枝ではだめです
①2年目の枝を少し長めに切り取ります(節と節の真ん中)
②葉を落とします
③葉を落としたところをよく切れるはさみかカッターで斜めにスパッと切ります
 ここから根が出ますので重要です
④上部を切り捨てます
 葉も大きいので水分の蒸散を防ぐために半分くらい落とします

これだと100%  と植木屋さんが言ってました

鹿沼土に刺すそうです

おそらく
刺し穂は少し水につけておいて
先に水をしっかり含ませておいて、菜箸などで穴をあけておいて、 挿す
日当たりの強すぎないところで保管
水やりを忘れないように


そう、水曜日にアスクルのアウトレットがでます
今週は【アウトレット】【園芸用品】マグァンプK 大粒 600g 1個 ハイポネックスジャパン 
が出ていましt。
とりあえず購入したら、大人気で夕方には完売でした。アスクルって本当に翌日来るんですよね。
しかも大粒 中粒を注文したら、別々のところから佐川急便とアスクルの配送会社から来ました。

我が家にエリエールというアジサイがあります。
ティッシュペーパーのエリエールです
パッケージの柄のイメージで作った花
2年目ですが、おととし刺し穂をしたのが1輪咲いています

ひかりで帰ってきました

帰りも新幹線ひかりに乗りました
娘も研修の帰宅便のため別に同じ列車を予約したのですが、途中に混んでいたところがあったので近くには座席が取れず、大変にぎやかな方々の中に座り大変そうでした。

新幹線に乗り慣れていない方々で静かに座っているという事が出来ていない大人が多いことに気づきます。
乗り慣れている方々はお子様連れでも子供たちが騒がないようにしっかりと管理されている少し大きくなったお子達は騒がない。
近隣の短時間しか乗らない列車なら我慢もできますが、長時間乗る列車なのでもう少しわきまえてほしいと思いました。

今回はディスに―ランドに行けるかと思い切って同行しましたが、結局行かずに東京 新宿をぶらぶら、娘がイケアに行ったことがないということでイケアに行くので終わりました。

リフレッシュしてきたので張り切って授業をします!

新横浜駅

とても綺麗になっています。
住んでいた間、その後もかなり長い間工事してましたから。
新横浜駅の高島屋で、お弁当と肉まんを買い、横浜駅へその後そごうの横から神奈中バスに乗ります。

新幹線 ひかり  

10年ほど持っているエクスプレスカード まだ東海しか発行していませんでした。
早めに取るとだいぶ安く取れるのですが、予定が、決まらないために2週間ほど前になってしまいます。
安さに負けて、ひかりをとりました。

たくさん停まります。しかものぞみの通過待ちと時間調整のためにら5分くらい停車します。
新横浜まで、通常2時間程度ですかひかりは20分ほど余分にかかります。
でも横浜に住んでいた25年前は元々2時間20分でしたから、それを考えると苦にはなりません。
そのあと福岡からは3時間半、それも今では3時間になっています。
娘がちょうど新横浜で研修なのでそれに合わせて、研修後に同行しようと思っています。
新幹線といえば昔は食堂車、二階建て、個室  なんていうのもありましたね。
個室は乳児、幼児の頃よく使ってました。
スピードアップと列車の運行間隔にはびっくりします。

車の運転

介護タクシーを利用しました。
以前から数回利用している方です。
70代の親も買い物に不便とまだ運転しているとのこと。
私が早々と運転免許は保有していても車をやめてしまっているので、ここからはあくまで理想論にはなりますが。
高齢になってから、運転をやめるか、やめないかの論争があります。
やめたらって言うのは簡単です。
実際にやめて思うのは、良い事不便に思う事、色々出てきます。
①まず良い事は交通事故の加害者になる可能性が、無くなる
②車を保有しないので、車体代、税金、保険代ガソリン代がいらなくなる。
不便になる事。
⑴移動に時間がかかる。交通費がかかる。
⑵大きな買い物をした時に自分で持って帰れない。
まだまだたくさんあります。
②は⑴と相殺すると考えると、一ヶ月の間に数回のタクシーに乗る( ことにする )
と言う考えにもできます。


1番重要なのは、早めに車を乗らない生活を維持できるように考えること。
そのためには5年は早くやめることだと思います。
学校では、五分前行動を指導したりしているところもありますが、それと同様に五年前行動です。
少し早くに車から離れることで、
極端な話、
生活の場所を変える。
札幌などでは郊外の広い土地から市内のマンションに引っ越しと言うことが2000年頃にはしていました。若いうちなら五年前行動なら、新しい生活を考えることもできます。

考える力もなくなってから、車をどうするか
では、間に合わないと思います。
認知症になっていて、家族が止めても車で出かける。これも早めにやめていれば、車に乗らないのが、日常と思っていれば、起こるものも少なくなると思います。

あまりに悲惨な事故の話を聞くので、思わず書いてしまいました。
算数専門桂教室ブログ

inari.katsura  桂教室




友だち追加数





最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

桂教室 算数専門   こちらをクリック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR